50音順でさがす

効果・効能でさがす

症状・目的でさがす

  • 成分辞典へ

ユズ

学名
Citrus junos
和名
柚子
種別
ミカン科カンキツ属
原産地
中国
利用部位
果皮
花言葉
健康美、汚れなき人、恋のため息
効果・効能
発汗、健胃、抗アレルギー、抗菌、消炎、血行促進
有効成分
精油(リモネン、リナロール、カリオフィレンなど)、フラバノン配糖体など
症状・目的
疲労、神経痛、冷え、腰痛、打ち身、捻挫、風邪、食欲不振、ひび、しもやけ、高血圧

中国原産の柚子は、8世紀ごろに日本に渡来したとされ、現在も食用、調味料として幅広く栽培されているハーブです。5月頃になると白い花を付け、その後に直径4~7cm程度の果実をつけます。黄色く熟した果実、果皮は薬用~食用まで幅広く、果皮には独特の爽やかな芳香、果肉には強い酸味があります。血行促進や発汗、利尿などの作用があり、柚子湯やアロマバス、足浴などに利用できます。また、冷え対策やむくみ解消などにも役立つとされています。

美容/健康に関するコラム

乾燥しやすい肌を保湿し、柔らかくしてくれる作用があり、入浴時に利用するだけでなく、ローションやクリームにブレンドしても美容効果が得られます。また、柑橘系の爽やかな香りは気分をリラックスさせ、集中力を高めてくれるので、仕事や勉強時に芳香剤としての利用もおすすめです。

社長ブログでもこのハーブを紹介しています