50音順でさがす

効果・効能でさがす

症状・目的でさがす

  • 成分辞典へ

バジル

スイートバジル

学名
Ocimum basilicum
和名
メボウキ
種別
シソ科
原産地
インド
利用部位
花、葉、茎、果実、種子
花言葉
神聖、好意、なんという幸運
効果・効能
強壮、殺菌、消化促進、解熱、鎮静、鎮痙、駆風
有効成分
βカロテン、ビタミンC、サポニン、タンニン、精油成分(リナロール、メチルチャビコール、メチルオイゲノール、リモネン、カンファ等)

症状・目的
ニキビ、抗うつ、虫よけ、虫刺され
バジルをマッサージオイルに入れて使うと、神経の強壮剤になり、酷使された筋肉が和らぎます。※敏感肌の方や妊娠中の方はバジルの使用は避けてください。

美容/健康に関するコラム

頭をすっきりとさせたいとき、気分転換したいとき、イライラしてしまうときに香りをかぐとリフレッシュ効果があります。消化を促進したり、頭痛を和らげる作用もあるので、用途や状況に応じて香りをかいだり、ハーブティーにして利用しましょう。

SACHIYO’sブログでもこのハーブを紹介しています

ハーブの王様『バジル』