50音順でさがす

効果・効能でさがす

症状・目的でさがす

  • 成分辞典へ

ツバキ

ツバキの花

学名
Camellia japonica
和名
椿(つばき)
種別
ツバキ科ツバキ属
原産地
日本、中国
利用部位
花、葉、種子
花言葉
気どらない優美さ、ひかえめな美徳
効果・効能
滋養、強壮、健胃、整腸、止血など

有効成分
ロイコシアニジン、タンニン、オレイン酸、パルミチン酸、リノール酸(トリア汁グリセロール)、ステアリン酸、ビタミンE

症状・目的
すり傷、切り傷、鼻血や月経過多などの出血症状など
和名の由来は葉の厚さから「厚葉木(あつばき)」、またつやがあることから「艶葉木(つやばき)」という説があります。また、「椿」という字は春に花が咲く木ということで、新しく作った国字であるという説もあります。

美容/健康に関するコラム

ツバキの果実は丸くて皮が厚く、9-10月に赤褐色に熟すと、中から暗褐色の大型の種子が現れます。この種をくだいて圧搾し、精製したものが「椿油」です。椿油はヘアケアオイル、スキンケアオイルとして化粧品などに幅広く利用されています。

SACHIYO’sブログでもこのハーブを紹介しています

霊力の宿る神聖な木『ツバキ(椿)』