50音順でさがす

効果・効能でさがす

症状・目的でさがす

  • 成分辞典へ

パセリ

パセリ

学名
Petroselinium crispum
和名
オランダゼリ
種別
セリ科オランダゼリ属
原産地
地中海沿岸
利用部位
葉、茎、根、種子
花言葉
祝祭
効果・効能
利尿、疲労回復など

有効成分
カリウム、ビタミンC、β-カロテン、カルシウム、マグネシウム、鉄、ビタミンK、葉酸、食物繊維、精油成分(ミリスチン、アピオール、α-ピネン、β-ピネン)

症状・目的
口臭、月経トラブル、貧血、食欲不振など
日本ではおもに「モスカールドパセリ」と呼ばれる葉の縮れた系統、西洋では「イタリアンパセリ」と呼ばれる葉の平らな系統の品種が、栽培・利用されています。

美容/健康に関するコラム

パセリの葉はビタミン類やカルシウム、鉄が豊富です。また、精油成分でパセリ特有の香りのもとであるアピオールは食欲を刺激する効果があります。疲労回復、食欲不振、貧血、生理不順などには1日量を30gとして、葉を生食するか、ジュースとして飲むと効果があります。アピオールには食中毒を防ぎ口臭を抑える働きもあるので、食事の後に葉を少量食べるのもおすすめです。

SACHIYO’sブログでもこのハーブを紹介しています

ハーブの代表格『パセリ』