50音順でさがす

効果・効能でさがす

症状・目的でさがす

  • 成分辞典へ

コマツナ

SS_komatsuna3

学名
Brassica rapa var. perviridis
和名
小松菜、うぐいす菜
種別
アブラナ科アブラナ属
原産地
日本(中国から渡来した株が祖先といわれる)
利用部位
効果・効能
免疫賦活、 美肌、胃もたれ解消、風邪予防、生活習慣病予防など
含有成分
ナトリウム、カリウム、カルシウム、リン、鉄分、ビタミンA、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンC、食物繊維
症状・目的
のぼせ、ほてり、動脈硬化、胃もたれなど
「小松菜」の名称は、江戸時代に小松川(今の東京都・江戸川区周辺)で栽培されていたことに由来します。現在は一年中出回っていますが、他のアブラナ科の白菜やカブと同様、元々は冬が旬の野菜です。寒さが増し霜にあたると甘味が増して美味しくなります。

美容/健康に関するコラム

大変栄養価の高い野菜です。特にカルシウムはホウレンソウの3倍以上と豊富に含まれますが、乳製品や小魚と比較して吸収率が低いのが弱点。キノコ類や魚介類、卵など、ビタミンDを多く含む食材を組み合わせることで吸収率がアップして効果的にカルシウムを摂取でき、骨粗鬆症の予防やストレス緩和に役立ちます。

SACHIYO’sブログでもこのハーブを紹介しています

江戸在来の冬菜『コマツナ』