50音順でさがす

効果・効能でさがす

症状・目的でさがす

  • 成分辞典へ

クローブ

学名
Syzygium aromaticum
和名
チョウジ(丁子)
種別
フトモモ科フトモモ属
原産地
モルッカ諸島
利用部位
花、葉
花言葉
貴重さ、神聖
効果・効能
抗菌、鎮痛、局所麻酔
含有成分
フラボノイド、フェノール酸、オイゲノール
症状・目的
歯痛、消化器の不調、頭痛
スパイスに利用されるクローブは、花のつぼみを乾燥させたもの。強い香りがあります。中国で古くから医薬品として利用されてきました。コショウやシナモンと並ぶスパイスの代表格で、17~18世紀には金と同じくらいの価値があったとも言われています。ヨーロッパの冬の風物詩であるグリューワインに利用されます。

美容/健康に関するコラム

ハーブティーは甘みのあるスパイシーな味で、口臭予防になります。抗菌作用があるため、ハーブチンキはうがいに利用できます。

社長ブログでもこのハーブを紹介しています

甘さとスパイシーな両面を持つスパイス『クローブ』