50音順でさがす

効果・効能でさがす

症状・目的でさがす

  • 成分辞典へ

マツ

松

学名
Pinus
和名
松(まつ)
種別
マツ科マツ属
原産地
北半球
利用部位
葉、果実、松ヤニ
花言葉
不老長寿、永遠の若さ、勇敢
効果・効能
滋養、強壮など

有効成分
樹脂(ロジン成分):ジテルペノイド(アビエチン酸、ピマリン酸)
精油(テレビン油成分):α―、β―ピネンなど
葉:フラボノイド(クエルセチン)など
症状・目的
関節痛、低血圧、打ち身、肩こり、冷え性、食欲不振、動脈硬化、高血圧、咳、喘息、蓄膿症など
マツの精油は清々しい森の香りがします。気分をリフレッシュしてくれるこの香りには殺菌、浄化作用があり、マツにとっても自分自身を害虫などから守る働きがあります。

美容/健康に関するコラム

マツは葉の部分を用いて松湯を楽しむことができます。汚れを洗い落としたフレッシュな葉約100gを水から15分くらい煮出し、濾過した煮汁を風呂に入れてかき混ぜます。鎮痛、強壮、血行促進作用があるため、冷えや肩こり、神経痛やリウマチ、疲労などに効果があります。

SACHIYO’sブログでもこのハーブを紹介しています

長寿健康の神木『マツ』