50音順でさがす

効果・効能でさがす

症状・目的でさがす

  • 成分辞典へ

セントジョーンズワート

学名
Hypericum perforatum
和名
西洋弟切草(せいようおとぎりそう)
種別
オトギリソウ科オトギリソウ属
原産地
ヨーロッパ、アジア西部
利用部位
花言葉
秘密、敵意
効果・効能
抗うつ、抗菌、抗炎症、抗酸化、鎮痛、消炎、利尿
有効成分
ジアンスロン類、フラボノイド配糖体
症状・目的
うつ、神経疲労、やけど、月経トラブル
セントジョーンズワートは多年生の植物で、夏に黄色い花を咲かせます。花には赤い色素が含まれています。毎年6月24日の聖ヨハネの日に収穫すると最も治癒力が強いといわれ、古代ギリシャの時代から傷の手当てや利尿などに利用されてきました。落ち込んだ心を明るくすることから、「サンシャイン・サプリメント」とも呼ばれます。

美容/健康に関するコラム

花とつぼみを植物油に漬けた浸出油は、アロママッサージに使用されます。ハーブティーはすっきりとした香りで、やや苦みがあります。気分が落ち込んでいるときや不安な時に飲むとよいでしょう。
薬と併用する場合は医師と相談してください。光毒性があるため、使用後すぐに紫外線に当たるのは避けてください。

SACHIYO’sブログでもこのハーブを紹介しています

「光の花」と呼ばれるハーブ『セントジョーンズワート』