50音順でさがす

効果・効能でさがす

症状・目的でさがす

  • 成分辞典へ

オレガノ

学名
Organum vulgare
和名
ハナハッカ
種別
シソ科ハナハッカ属
原産地
ヨーロッパ・中央アジア
利用部位
葉、花
花言葉
輝き、財産、富、自然の恵み
効果・効能
強壮、殺菌、消化促進、抗炎症
有効成分
ビタミンB、ビタミンC、カルシウム、カリウム
症状・目的
咳、筋肉のけいれん、頭痛、生理痛、リウマチ、肩こり

晩夏に白色や紫色の花を咲かせます。耐寒性があり、丈夫なハーブです。葉を利用したハーブティーには強壮作用があり、精油には強い殺菌作用があります。トマト料理を中心とした料理やポプリにも利用されます。

美容/健康に関するコラム

ハーブティーにして飲むと、消化を助けたり、咳を鎮めたり、神経の高ぶりを鎮めたりする働きがあります。ポプリとしても楽しむことができ、そのスパイシーな香りからリラックス効果が得られます。

社長ブログでもこのハーブを紹介しています

夏野菜を取っておきの料理に変える「オレガノ」