50音順でさがす

効果・効能でさがす

症状・目的でさがす

  • 成分辞典へ

ガーリック

学名
Allium sativum
和名
ニンニク(大蒜)
種別
ユリ科ネギ属
原産地
中央アジア
利用部位
鱗茎
花言葉
勇気と力、息災
効果・効能
健胃、疲労回復、抗菌、殺菌、強壮
有効成分
アリイン、アルギニン、カロチノイド
症状・目的
動脈硬化、冷え症、便秘、水虫、疲労
古代エジプトの時代から、食糧や薬用に用いられてきました。ピラミッドの建設に携わる人々に、スタミナ源として与えられていたことが記録に残っています。その後、古代ギリシア・ローマを経てヨーロッパや中国、インドなどへ広がりました。日本でも古くから薬用に用いられているほか、すりおろしたり刻んだりして薬味に用います。そのままでは無臭ですが、砕くと特有の臭いがします。

美容/健康に関するコラム

循環器の病気の予防や強力な抗菌・抗酸化作用があります。適量を生で食べると、冷え症、健胃、便秘などによいとされ、高い疲労回復効果があります。加熱するとくさみは和らぎますが、殺菌効果も弱まります。刺激が強いため、食べ過ぎには注意が必要です。

社長ブログでもこのハーブを紹介しています

古代よりの万能薬『ガーリック』