50音順でさがす

効果・効能でさがす

症状・目的でさがす

  • 成分辞典へ

ブロッコリー

畑のブロッコリー

学名
Brassica oleracea var. italica
和名
芽花野菜(メハナヤサイ)
種別
アブラナ科アブラナ属
原産地
地中海沿岸
利用部位
花蕾、茎
花言葉
小さな幸せ
効果・効能
疲労回復、美肌
有効成分
ビタミンA、B1、B2、C、カリウム、リン、カルシウム、ルテイン、スルフォラファン、葉酸、鉄など

症状・目的
糖尿病、花粉症、エイジングケア、デトックス、便秘、むくみ
ブロッコリーの豊富なビタミンCを最大限に生かすには、食べ合わせも重要です。タンパク質と合わせて抗ストレスに、ビタミンEと合わせてがん予防など、栄養の効果が高まる組み合わせがあります。

美容/健康に関するコラム

ブロッコリーは、つぼみより茎にビタミンCが豊富です。つぼみも茎も余すことなくいただきましょう。

SACHIYO’sブログでもこのハーブを紹介しています

緑黄色野菜の王様『ブロッコリー』