50音順でさがす

効果・効能でさがす

症状・目的でさがす

  • 成分辞典へ

リンデン

リンデン

学名
Tilia europaea
和名
西洋ボダイジュ
種別
シナノキ科
原産地
温帯ヨーロッパ
利用部位
花、葉
花言葉
夫婦の愛
効果・効能
発汗、利尿、鎮静、鎮痙
有効成分
フラボノイド配糖体(ルチン、ヒペシド、ティリロシド)、粘液質(アラビノガラクタンなど)、タンニン、フェノール酸(カフェ酸、クロロゲン酸)、精油(ファルネソールなど)

症状・目的
動脈硬化予防、神経緊張緩和
リンデンの葉は鎮静、発汗、利尿の3つの働きがあることから、ヨーロッパの植物療法では古くから高血圧や不眠、風邪、インフルエンザに用いられました。

美容/健康に関するコラム

リンデンの精油成分が放つ甘い芳香は不安や興奮を鎮め、心身の緊張を和らげます。この目的では、ハーブティーや入浴剤として取り入れられています。

SACHIYO’sブログでもこのハーブを紹介しています

千の用途を持つ木『リンデン』